「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s Paris展」オープニングに参加しました。


平成28年7月22日(金)鹿児島市立美術館で行われた「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s Paris展」のオープニングに学生みんなで参加しました。

オープニングでは、室内オーケストラのコンサートが行われ、松木園副市長の挨拶の後、テープカットがありました。

本展覧会は、20世紀初頭のフランス美術の中核を担った23作家による83点が展示しています。市立美術館学芸員の林様より、詳しいご説明を頂きとても有意義な校外学習でした。この展覧会は、鹿児島市立美術館で7月22日(金)〜9月4日(日)まで開催されます。